プロの印刷屋の独り言

印刷のプロから見た印刷業会のことや印刷トラブル、印刷技術情報や印刷通販の選び方などをお伝えします。

早くも年賀状印刷の時期になりました。

郵便局のお年玉付き年賀はがきが11月1日(水)に発売されます。 2003年をピークに年々発行枚数が減ってきています。 時代の流れなか、 SNSで繋がるようになり、いつでも連絡が取れて、 何してるかも手に取るようにわかる時代に、 年賀状を送る意味があるのか…

既製封筒の刷り込みも通販は扱っています。

既製封筒への印刷は事務用印刷物の分類になります。 会社でよく使用される封筒は 請求書を送る封筒は長3封筒が多いです。 また、A4のパンフレットや会社案内を入れるのは角2封筒です。 この長3封筒と角2封筒の2種類がよく使われていて、 ほとんどの会社…

オフセット印刷はUV印刷が主流になってきます。

通販印刷で多い、オフセット印刷はですが、 少し前までは通常インキ(自然乾燥)での印刷でしたが、 最近はUVインキを使用したUV印刷が主流になってきています。 UV印刷とは印刷後に紫外線を照射して インキを強制的に硬化(乾燥)させる印刷です。 なぜ主流…

印刷通販の正しい選び方(品質)

印刷通販を利用しているユーザーアンケート(印刷ジャーナル調べ)で 印刷通販を選ぶときの優先順位は 1、価格 27% 2、品質 22% 3、納期 20% 4、サポート 7% 5、製品のバリエーション 7% 6、支払い方法のバリエーション 6% らしいです…

オフセット印刷とオンデマンド印刷の正しい選び方

印刷通販に少部数の印刷物を発注する場合、 オフセット印刷とオンデマンド印刷のどちらかを選べることが多いです。 ユーザーにとって何がどう違うのか判らないので別に綺麗に印刷されていればどっちでも良いわけで、そもそも何故選ばなければならないのでし…

印刷用紙の選択は非常に重要です。

印刷物の用紙の選択はどうすればいいのか、 結構難しいと思います。 それは種類だけではなく、厚みも重要です。 選ぶ用紙によって製品にならないこともあります。 一般の方は用紙の名前すら分かり難いと思います。 代表的(定番)な上質紙、コート紙、マット…

印刷通販は納期で価格が変わる。

毎年発注いただく冊子印刷で 印刷通販を利用しました。 A4中綴じ16Pの表紙と本文が同じ用紙で 両面ともフルカラーのお仕事です。 通販は納期が長いと安く、短いと高くなります。 時間で価格を決めています。 納期と言ってますが、 納品される日ではなく出…

シール・ラベル印刷はまだ安泰?

印刷業界の中には シール・ラベル印刷があります。 ステッカーとは少し種類が違います。 大雑把に言うと ステッカーは屋外で使用し、長く使う用途で、 車に貼ったり、ショーウィンドーに貼ったりする 水に濡れても大丈夫なもので、サイズも少し大きめです。 …

業界診断報告書

中小企業団体の業界診断報告書が見つかったので 平成26年度版なので、少し古いのですが読み返してみました。 報告書の中に 未来に向けた提言という項目がありました。 そこに書かれているのは、 顧客サポートで付加価値を高める事業展開の基礎を作り 1、…

組版ルールも時代とともに変わる?

活版印刷全盛の頃は 新聞や本(書籍)は活字を組んで印刷していました。 その名残で文字のことを活字と言って 本を読まない=活字離れ と言う表現を最近でもされていますね。 その後は文字は写真植字の時代になり、 誤植という言葉が生まれ、 今はデジタルフ…

オフセット印刷は水が命です。

オフセット印刷(平版印刷)の原理は水と油(インキ)が反発する特性を用いて印刷部分とそうでない部分を分けています。 平版印刷は平らな刷版を使うので、印刷部分に高さがないために、印刷部分は水を弾きインキが乗り、印刷しない部分に水を含ませてインキ…

粗利率の良い印刷物は名刺かも?

名刺印刷は需要も多く、 検索でも「名刺印刷」は検索数も非常に多くビッグキーワートになります。 ヒットする数もこれまた多く約 13,100,000 件です。 どこの印刷屋さんでも結構名刺印刷は取り扱っています。 いろんな印刷がある中で、 名刺印刷は原価を安く…