プロの印刷屋の独り言

印刷のプロから見た印刷業会のことや印刷トラブル、印刷技術情報や印刷通販の選び方などをお伝えします。

印刷会社なのに印刷通販に外注する理由

当社はオフセット印刷機を所有していますが、

よく印刷通販を利用しています。

 

印刷屋なのに、なぜライバルに当たる印刷通販に発注するのでしょうか?
その答えは大きく分けて3つあります。

 

 

 

順番に解説します。

 

1、印刷通販はズバリ価格が安い

どこの通販サイトを見ても自社で印刷するよりも安くできてしまいます。
どの商品も安いです。(なぜ安くできるのかは別の機会に書きます)
自社で印刷するにしても、

用紙代、版代(CTP)、印刷代、加工代、納品代(運賃)の原価が掛かります。
それに経費や利益を乗せると通販会社よりも高くなってしまいます。

 

印刷通販会社に発注するよりも、
社内で印刷した方が利益が出るように思いますが、

実はオール外注する方が利益は多いのです。

 

不思議だと思いますが、
仮にオフセット印刷、A4チラシ、10,000枚、片面4色を
社内で印刷した場合と印刷通販で印刷した場合と比較して見たいと思います。

 

◆社内で印刷した場合(見積明細)
用紙代:16,000
CTP代:12,000
印刷代:18,000
断裁代: 3,000
運送代: 500
製造原価合計:49,500(決してボッタクリではありません)
この金額に経費と利益を乗せて売りますので、最低でも55,000円になりますので、
印刷料金:59,400円(税込)


◆某印刷通販の場合
オフセット印刷
A4チラシ
用 紙:コート90kg
納 期:3日納期
カラー:片面カラー
数 量:10,000枚
印刷料金 27,000円(税込)


社内の印刷見積もりの59,400円(税込)
印刷通販を使い、代理直送を指定すれば出て行くお金は27,000円のみです。
社内で印刷すれば、用紙代とCTP代だけで超えてしまいます。
納期設定を10日にすれば、もっと差が出ます。(~_~;)

 

どうですか?

社内で印刷した方が得ですか?

どう見ても社内で印刷するより絶対お得ですよね。(あら不思議)

 


2、印刷通販は納期が確実で楽ちん

これは印刷通販に発注した時点で発送日が確定していますので、
工程管理をしなくても、直送の手配をしておけば、
忘れていても納品できるので安心です。

 

しかし、一つだけ注意することがあります。

それは納品日は確定していないということ。

 

発送日の翌日に到着するとは限らないので、

納品日の指定がある場合は要注意です。

 

 

自社で印刷する場合は、結構手間がかかります。

まずは工務にお願いして、予定をいれて用紙の手配や印刷の段取り、
発送の手配とかをしないといけないので、結構面倒なのです。
うっかり納品を忘れているとかもあり得ます。

発注してしまえば、手が離れてしますので、
他の仕事がはかどり楽ちんですね。

 

3、印刷会社でも機械が無い

印刷屋と一括りにしていますが、印刷屋さんにも色んな印刷屋さんがありまして、(この件も後で書きます)
全ての印刷屋さんがオフセット印刷機を所有しているわけではありません。

自社で印刷できないので、
今まではオフセット印刷機のある協力会社に外注していたのが、
印刷通販になっただけです。


当然それは価格が安くて、納期が確実で管理しやすく楽ちんだからです。


総合的に印刷通販の方が全てにおいて優っているように思います。


そうなると既存の印刷会社は駄目になって行くはずなのですが、
それでも倒産しないで、頑張っています。

 

その訳は続きで書きたいと思います。