プロの印刷屋の独り言

印刷のプロから見た印刷業会のことや印刷トラブル、印刷技術情報などをお伝えします。

印刷通販がないときの印刷発注の流れ

印刷通販に発注するには印刷するデータが手元に無いと発注できません。

(デザインから発注できる通販会社も数社あります)

 

 

印刷だけでは無く、各通販はインターネットがなければ成り立たない商売です。

印刷の場合はプラス、印刷用のデータが必要です。

その二つが最低条件になります。

 

 

では、それまではどうしていたのでしょうか?

 

 

少なくとも印刷屋さんに相談しないといけません。

取引のある、印刷屋さんがない場合は自分で探すか、

誰かに紹介してもらうしかありません。

 

 

連絡がついたら、印刷屋さんに出向くか来てもらうかになります。

営業の人と打ち合わせして

作りたい印刷物の事(用途や形態、サイズ、色数、用紙の種類、枚数等)を伝えます。

 

 

 

営業は持ち帰って、

社内または社外のグラフィックデザイナーさんに聞いたことを伝えます。

 

 

グラフィックデザイナーさんから

ラフデザインが出来てきて、打ち合わせをし、

あれこれ修正点を伝え、何度か打ち合わせや校正(間違い探し)を繰り返して

ようやく校了(本刷りの許可)になります。

 

ここまでが大変なのです。

 

 

校了後は製版をして版を作り用紙を発注し印刷します。

一晩乾燥させてから、

翌日に化粧断裁(不要な部分を断裁)します。

 

これで出来上がりです。

あとは納品になります。

 

大雑把ですが、

流れ的にはこのようになります。

 

 

印刷するまで(版を作るまで)の工程(プリプレス)は

昭和の時代はアナログで作業をしていました。

 

 

 

平成に入ってからデジタルが主流になり

誰でも印刷データを作成できる時代になったことにより、

印刷通販会社が成り立つのでは?

 

 

印刷屋の利用が多いらしいけどね。