プロの印刷屋の独り言

印刷のプロから見た印刷業会のことや印刷トラブル、印刷技術情報などをお伝えします。

拘り(こだわり)はどこへ行ったの?

数年前まで印刷物の刷り上がりの色にこだわって

本機での色校正を何度も繰り返し、

ようやく本番印刷していたパンフレットがありました。

 

 

当然費用もかなりなもので、

良いもの(納得するもの)を作るには

それは仕方がないと言う雰囲気でした。

 

 

校正刷りと本番との色目が

少し違うだけで、クレームになることもあります。

ですので、担当者は本番の刷り出しに立ち会い、

色目に問題ないかをチェックしていました。

 

 

色目だけではなく、

商品の細かい部分にもチャックが入り

何度も修正をします。

 

 

非常に手間と費用と時間をかけて

作っていたパンフレットだったのですが、

予算の関係で色校正も簡易校正になり、

修正もなるべく減らして対応してました。

 

 

しかし、それでも予算オーバーらしく

最終的には数社から見積もりを取って

安いところへ持っていかれることになりました。

 

 

こだわりがあったから

何度も色校正を重ねてきたパンフレットだったはず。

 

 

予算がないからと言って

こだわりのないパンフレットを作って

商品が売れるのでしょうか?

 

 

背に腹は変えられないから

仕方ないかぁ。