プロの印刷屋の独り言

印刷のプロから見た印刷業会のことや印刷トラブル、印刷技術情報などをお伝えします。

仕上がりイメージが完全な不完全データが入ってきた。

観音折のパンフレットですが、

入稿されてきたデータは

仕上がりイメージのデータでした。

 

仕上がりイメージなので、

実際に観音折をした状態のデータです。

 

1、折った状態の正面のイメージ実データ。

2、折った状態の裏面のイメージ実データ。

3、広げた状態の内面の実データです。

 

このデータから

印刷できるデータを作ります。

(本当は完全データが欲しいのですが、、、)

 

 

どれも仕上がりサイズで確認できるように、

塗り足しは見えないようにしてあります。

 

データには塗り足しがありますが、

いろんな方法で塗り足しを見え無くしてあります。

 

今のソフトは機能が多すぎて

マスクをするにしても数種類の方法があります。

 

塗り足しを隠す一番単純な方法は

塗り足し部分の上から白のオブジェクトで隠す方法です。

 

不完全なデータを

印刷用の完全データに作り変える作業をする側としては

データを単純に作ってある方がリスクも少なく、

作業時間も少なくて済みます。

 

 

 

しかし今回の入稿データは

最新の機能を存分に使用してあり、

印刷用の間データを作るのに苦労しました。

 

どう言う方法で作成してあるかを

見極めるだけで時間が掛ってしまいます。

 

 

自分で印刷用の完全データが作れないのなら、

せめて他人が作業しやすデータを作って欲しいものですね。