プロの印刷屋の独り言

印刷のプロから見た印刷業会のことや印刷トラブル、印刷技術情報や印刷通販の選び方などをお伝えします。

印刷に関わっている業者さんは沢山あります。

印刷物は印刷屋さんだけで作れるわけではありません。

いろんな会社さんの協力があってこそ出来るのです。

 

例えば、

チラシを印刷する場合

印刷するまでに企画デザインが必要です。

 

まずはプランを練ります。

これは印刷営業や、プランナーやデザイナーの方がします。

デザインはデザイナーさんにお願いします。

キャッチコピーはコピーライターさんがいます。

写真をカメラマンに撮ってもらいます。

(最近はどなたでも気軽に写真を撮って投稿されてますが、やはりプロが撮影すると違います。)

 

データが出来上がったら、

まずは簡易校正刷り(プリンター出力)します。

プリンターも各種メーカーさんは一応印刷関連業者です。

(色が厳しくなかったら簡易校正で十分見本になります。)

 

そして印刷に廻します。

印刷するには用紙が必要ですね。

紙は紙屋さん(二次流通卸商)から仕入れます。

紙屋さんは一次流通卸商から仕入れて印刷会社に供給しています。

大企業は一次流通卸商から直で仕入れています。

(製紙メーカーさんは一次流通卸商にしか印刷用紙を売りません。)

 

 

 

印刷するには印刷機が必要で、

印刷機は印刷機メーカーが、作っています。

 

印刷する「はんこ」はオフセット印刷の場合はアルミ版(CTP)を使います。

CTPを出力するレコーダーもメーカーが作っています。

 

印刷インキもインキメーカーが作っています。

このアルミ版やインキを印刷屋さんに供給しているが

印刷材料を専門に扱う商社(代理店)なのです。

 

印刷後は化粧断裁をしますので、断裁機が必要です。

これもメーカーさんが作っています。

 

こうして沢山の会社や人々によって

印刷物は作られるのです。