プロの印刷屋の独り言

印刷のプロから見た印刷業会のことや印刷トラブル、印刷技術情報などをお伝えします。

オフセット印刷機の進化?

活版印刷の時代からオフセット印刷に変わって

半世紀ぐらい経ちますが、その仕組み自体は全く変わっていません。

 

 

当初と比べれば、

かなり使いやすくはなっています。

便利になった部分の昔と今を簡単に比較してました。

 

目次

 

 

1、給紙(印刷用紙を印刷機械に入れる)

昔:一枚ずつ手で紙をめくり、印刷機に入れていた。(手差し)

 ※前当て二箇所と針一箇所の3点をぴったりと瞬時にセットする技術が必要。

 

今:機械が自動で一枚ずつ入れる

 

 

 

2、湿し水装置(版面を湿らす装置)

昔:モルトンを巻いたローラーで間欠給水

 ※湿し水の量の調整も職人技がいる

 

今:連続給水で水を冷やし循環している。

 

 

 

3、インキ壺(絵柄によってインキの量を調節する)

昔:手動でネジを回し調整

※インキの量は経験値で調整するので、それなりの経験が必要です。

 

今:絵柄を測定しインキ量を計算して電動で調整

 

 

4、版セット(版を機械にセットする)

昔:手動で印刷機にセットし、スパナでネジを数カ所締める。

※万力にセットしてネジを締めて引っ張るので、力加減が変わると版が伸びたりする。

 

今:手動で印刷機にセットするだけで機械が自動で装着

 

 

5、印刷版

昔:石版・ジンク版

今:PS版・CTP版

 

※素材も薄く軽くなり、砂目の開発により保水性が良くなり、刷りやすくなった。

 

 

6、印刷インキ

昔:乾くとすぐに皮が張る

今:皮が張らない

 

※インキの乳化に対する水幅が広くなった

 

まとめ

 

昔と変わらないものは用紙を積み込む作業のみです。

 

細かいことを言えば他も色々と変わっているのですが、

昔と比べれば、自動化が進みオペレーターの作業や技術がかなり軽減され、

人による操作格差も減っているので、誰でも簡単に使いやすくなっています。

 

職人技は必要なく、単なるオペレーション(操作)になっています。

技術や知識がなくとも80点位の印刷をすることが可能です。

 

しかし、最終的に判断するのは人間なので、

100点満点を取るにはそれなりの経験と知識が必要でしょう。