プロの印刷屋の独り言

印刷のプロから見た印刷業会のことや印刷トラブル、印刷技術情報や印刷通販の選び方などをお伝えします。

同じデータなのに刷り上がりの色が違う理由

電気屋さんに行ってテレビの色を見てください。

 

大きいのから小さいのまで沢山並んでますよね。

メーカーも色々で発光方式も違います。

 

同じ番組が写っているテレビを見比べて

どうでしょう?

同じ色はないですよね。

 

でもテレビを買うときに

そこはあまり気にしないと言うか

明るいとか綺麗だとか鮮明だとかは気になっても

実際の色と比べはたりはしないと思います。

(比べたくてもできませんが、、、)

 

でも印刷物になると少し見方が違うのです。

実際の色と比べたりしませんか?

 

テレビの場合はメーカー違いでの差と

同じメーカーでも個体差で色の違いが出ます。

 

オフセット印刷はテレビとは理屈は違いますが、

機械メーカーが変われば色は変わるのです。

 

同じメーカーでも機械が違えば違う色になります。

(同じになるように近づける努力はしています。)

 

印刷データが同じなのに

印刷会社が変われば違う色に刷り上がってきます。

試されたことは無いと思いますが、

同じデータの再販(再注文)で同じ印刷会社なのに

違う色で刷り上げってきます。

 

それはなぜでしょう?

答えはオフセット印刷はアナログな部分が多いからなのです。

 

デジタル時代なのになぜ?と思いませんか?

 

確かに印刷の前行程(プリプレス)は完全デジタルになりました。

同じソフトで同じデータを作ればデータ上は全く同じ色です。

 

仮に印刷データ(アドビイラストレータ)で

マゼンタ(紅)50%のデータがあるとします。

 

それを印刷版「コンピュータートゥープレート」(CTP)に出力します。

露光はデジタルなので、変わることはありませんが、

実際にCTP上で50%になる訳ではありません。

印刷会社によってドットゲインカーブを調整して

50%は45%にするとか40%にするとかしています。

そこに基準はありません。

そのまま50%で出力するところもあります。

 

第一段階のCTPを露光する部分で変わります。

 

次に露光したCTPを現像します。

現像はアナログで現像液の状態でわずか数%ですが変わります。

 

第二段階のCTPの現像で変化します。

 

CTPを印刷機にセットして印刷します。

 

CTP上で仮に45%だたっとします。

それが印刷すると(印刷機によって変化の度合いは違いますが)

55%に変化します。(これをドットゲインと言います)

 

印刷で変化する要因は沢山あります。

 

同じ機械で印刷しても変化するといいましたが、

それは印刷現場の気温、湿度で変わるからなのです。

 

印刷インキの硬さでも変わります。

(温度が変わればインキの硬さは自然と変わります。)

 

変化の要因はまだまだあります。

印刷スピード、インキ量、湿し水の量、

また、ローラーの状態やブランケットの状態、

それに印圧でも変わります。

 

これらは全てアナログなのです。

デジタルでは制御出来ません。

 

実際に刷り上がった印刷物の色を見て

オペレーターの眼で確認して調整する(ターゲットの色に近づける)

しか方法はありません。

 

現在は刷り本を全面スキャンして

ターゲットの色に近づけることもできますが、

小ロットではロスが出すぎますので、使えないと思います。

 

印刷だけで色が変化する要因が沢山あります。

 

同じデータを同じに印刷するのは非常に難しいことなのです。

 

同じ印刷機械でも変化するので、

印刷会社が変われば当然同じ色には刷り上がりません。

 

ですので、

多少の色違いは多めに見てくださいね。